2016年7月29日
(情報提供)焼き肉店等からの火災発生について

7月22日 中央区の焼き肉店において、七輪こんろが原因となる火災が発生しました。
出火原因は、使用済みの炭を完全消火しないまま、壁に置かれた七輪こんろに入れておく行為が常態化していたことにより、長い期間にわたり壁の内部の木材に熱が伝わり火災となったものです。
この火災のほかに、今年に入り炭火の飛び火等、七輪こんろの火災が5件発生しており、また無煙ロースター内の油かすに着火する火災も発生しております。
火気設備等は、壁からの適正な距離を保つとともに、火災防止のため、日常の点検・清掃を心がけましょう。

 

参考資料をご覧ください

【参考資料(PDF)】