2017年2月27日
着衣着火による負傷者が相次いで発生しています!!

2月に入り、衣服に着火する火災が2件相次ぎました。

ひと度、衣服などに着火した場合は、直接肌にふれているため大やけどを負うなど非常に危険な状態になります。

これからの時期は春のお彼岸もひかえローソクやマッチなどを使用する機会も増えることから特に注意が必要です。

詳しくはこちらをご覧ください。

火の用心だより(臨時号)

(札幌市消防局 提供)