2018年1月26日
「文化財防火デー」について

毎年1月26日は、「文化財防火デー」です。

文化財防火デーの制定は、昭和24年1月26日に、現存する世界最古の木造建造物である法隆寺(奈良県斑鳩町)の金堂が炎上し、壁画が焼損したことに基づいてます。出火元は壁画の模写をしていた作業員が使用していた電気座布団で、これにより、堂内の貴重な仏教壁画の大半が焼損してしまいました。

 

これを踏まえ、1年で最も火災が発生しやすいのが1月と2月であることから、昭和30年に当時の文化財保護委員会(現在の文化庁)と国家消防本部(現在の消防庁)が1月26日を「文化財防火デー」と定めました。

 

「文化財防火デー」の訓練は、全国各地で文化庁、消防庁、教育委員会、地域住民等が協力して、防災訓練等が実施されています。

 

冬には電気ストーブや電気ポッドなどの使用も増え、電気火災が発生しやすい時期です。

今一度コンセントまわりなどを確認してみましょう!

 

★札幌市の文化財(札幌市公式ホームページより)

http://www.city.sapporo.jp/shimin/bunkazai/index.html

★あなたの街の火災(電気編)(札幌市公式ホームページより)

http://www.city.sapporo.jp/shobo/yobo/documents/anatano.pdf

 

豊平館(国指定重要文化財)