2018年2月14日
「火の用心だより」(第36号)について

札幌市消防局予防部長から「火の用心だより」(第36号)の送付がありました。

平成30年1月31日の深夜に発生した東区の建物(下宿)火災において、高齢者や生活困窮など11名の方がお亡くなりになり、3名の方が負傷する大変痛ましい火災が発生しました。

これ以上、火災による犠牲者を出さないためにも、一人ひとりが日頃から火の取扱いに注意することが大切です。

ちょっとしたことで火災が起きてしまうということを忘れずに、引き続き、事業所、家庭における火の取扱いには十分気を付つけるようにしましょう。

 

予防部長通知

「火の用心だより」第36号(平成30年2月号)