2018年9月11日
自動火災報知設備等の不具合に係る対応について

カテゴリー: お知らせ

このたびの平成30年北海道胆振東部地震におきまして、 犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、 被災された皆さま、そのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。 平成30年北海道胆振東部地震により、長期間に渡る停電が発生しました。消防用設備である自動火災報知設備が設置されている建物が停電になった場合、予備電源に切り替わり、火災の警戒が継続されますが、予備電源の容量が不足している、または、不足になった場合等に受信機から火災発生を知らせる警報音とは別に異常を知らせる警報音が発せられます。 また、停電復旧に伴い、容量が無くなっていた予備電源が再度充電されることにより、満充電になる間、警報音が発せられます。 予備電源の異常を知らせる警報音が発せられた場合は、早急に点検を実施するとともに、受信機に故障表示等が長期間点灯されている場合は、専門業者(消防用設備等保守点検業者など)にご連絡ください。 さらに、今回の地震が過去に無い大きな揺れであったことから、スプリンクラー設備等の配管、避難器具の固定部等を確認していただき、これらに不具合が見られる場合についても、専門業者へ連絡し、改修を行う等適切な対応を行いましょう。  


防火管理セミナーを開催しました

カテゴリー: お知らせ

平成30年8月30日(木)道新ホールにて「防火管理セミナー」を開催しました。 今回は防災・危機管理アドバイザーの山村 武彦( ヤマムラ タケヒコ)氏を講師としてお招きし、「命を守る準備と行動~事業所における防火・防災対策~」と題してご講演いただきました。 講演では、日本中で発生する災害の現地調査のお話をもとに、危機管理に関する意識や事業所における防火・防災対策など盛り沢山の内容でした。 当日はあいにのく雨でしたが、370名以上の方の会員が参加されました。


西村副会長が内閣総理大臣表彰を受賞しました!

カテゴリー: 未分類

当協会の西村副会長(厚別:西村ビル)が平成30年安全功労者内閣総理大臣表彰を受賞されました。 これは長きにわたり火災予防の普及に尽力され、その功績を讃えて贈られたもので、北海道から唯一の受賞者となりました。 平成30年7月6日に東京都において表彰式が開催され、安倍内閣総理大臣から表彰状が授与されました。 心よりお祝い申し上げます。