2018年12月18日
「火の用心だより」(第46号)について

札幌市消防局予防部長から「火の用心だより」(46号)の送付がありました。

年末年始は、多くの市民や観光客が宿泊施設や飲食店を利用されることから、火災が発生した場合には、甚大な被害につながることが懸念されます。
過去の火災事例を教訓に「火の用心」の徹底し、よい年を迎えましょう。

 

「火の用心だより」第46号(平成30年12月号) (1)