2019年2月6日
「火の用心だより」(第48号)について

札幌市消防局予防部長から「火の用心だより」(第48号)の送付がありました。

また、火災が発生した際にその場にいなくても、火災の熱を感知して自動で消火を行う自動消火装置についてご紹介しております。

平成30年中に建物で発生した火災のうち、64件はこんろが原因によるものです。

同様にストーブが原因による火災は33件です。

火災を起こさせないことはもちろんのこと、火災を起きた時にどう行動するかを日頃から考えておくことも大切です。

まだまだ寒い日が続きますので、引き続き、事業所、家庭における火の取り扱いには十分気をつけてください。

 

 

「火の用心だより」第48号(平成31年2月号)

①助成ちらし

②助成可能自動消火装置一覧

③登録販売店一覧