2020年1月17日
清子の部屋(第4回)~阪神淡路大震災から25年~

皆さん、こんにちは。

札幌防火管理者協会 事務職員の松居清子(まついきよこ)です。

本年もお世話になりますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

今年はじめての清子の部屋ですが、今から25年前の今日「阪神淡路大震災が発生し、6,000名を超える方が犠牲となりました。この大震災が契機となり「カセットコンロ、ガスボンベの規格統一」や「水道レバーの下げ止め式の普及」など、私たちの生活に直接かかわるものや「震度階級に『5強』などを新設」、「東京消防庁にハイパーレスキュー創設」、「災害派遣医療チーム(DMAT)発足」など多くの正の遺産を残してくれました。

 

また、本日は「防災とボランティアの日」、本日から21日までまでを「防災とボランティア週間」と定められています。

 

この「防災とボランティア週間」は、災害時におけるボランティア活動や住民の自主的な防災活動についての認識を深めるとともに、災害への備えを充実強化することを目的としています。

 

地震から大切な命を守るために、防災とボランティア週間にあわせて家具転対策を実施しましょう!

 

 

★全国各地の「防災」と「ボランティア」に関連する取組(内閣府ホームページへリンク)

http://www.bousai.go.jp/kyoiku/index.html