2020年1月24日
清子の部屋(第5回)~文化財防火デー~

皆さん、こんにちは。

札幌防火管理者協会 事務職員の松居清子(まついきよこ)です。

 

さて、1月26日は「文化財防火デー」です。

昭和24年1月26日に法隆寺金堂の壁画が焼失したことを受け、毎年1月26日を「文化財防火デー」と定め、文化財を火災から守るための運動を全国的に展開しています。

 

札幌市内の文化財一覧

 

昨年は4月にフランスのノートルダム大聖堂が、10月には沖縄県の首里城が火災により大きな被害を受け、人々に深い悲しみを与えました。

このようなことが起こらないよう、札幌市では文化財所有者に啓発を促すとともに、地域の消防隊、消防団と連携し消防訓練を毎年実施しています。

 

追伸

建物を管理する上で、「放火されない環境」を作ることも重要です。

昨年発生した放火の火災事例を紹介しますので、火災予防に役立てていただけると幸いです。

 

火災事例紹介