2020年8月5日
119番通報訓練の実施について

札幌市消防局からのお知らせです。

 

消防法第8条に基づく通報訓練において、市内事業所から119番回線を使用した通報訓練の要望があった場合は、現在、消防指令管制センター(119番受付窓口)で対応しています。

しかし、近年の救急需要の高まりに比例して、実災害の119番通報の受付件数も著しく増加しており、119番回線を使用した通報訓練と実災害の通報が輻輳した場合には、実災害の対応に支障をきたす可能性があります。

 

このことを踏まえ、今後の通報訓練については、建物関係者間で実施していただくよう札幌市公式ホームページに案内がありましたので、当協会会員の皆様におかれましてもご理解とご協力をお願いします。

 

119番通報のやり取りの例(札幌市公式ホームページ抜粋)

119番通報用リーフレット(札幌市消防局作成)

 

【参考情報】

平成21年:実災害通報77,812件(うち救急通報68,609件)

令和元年(平成31年):実災害通報100,581件(うち救急通報91,758件)

※10年間における実災害通報は、22,769件の増加。救急通報は、23,149件増加している。