2021年4月19日
「不活性ガス(二酸化酸素)消火設備の事故防止について」

札幌市消防局予防部長から、標記について注意喚起の依頼がありましたので、建物管理者の皆さまへお知らせいたします。

 

建物に付随する設備機械の整備中に二酸化炭素を用いた不活性ガス消火設備(二酸化炭素消火設備)が誤放射し、死亡事故となる事案が相次いで発生しています。

 

①令和2年12月22日愛知県名古屋市(1名死亡 10名負傷)

②令和3年1月23日東京都港区(2名死亡 1名負傷)

③令和3年4月15日東京都新宿区(4名死亡 2名負傷)

 

機械式駐車場等に設置される二酸化炭素消火設備は、消火能力が非常に高い反面、人体への影響も強く、火災発生時に使用する場合の安全対策は複数図られていますが、工事作業中には十分に機能しないこともあります。

所有管理される建物の駐車場等で修繕や改修工事を行う際は、二酸化炭素消火設備を熟知した消防設備士あるいは消防設備点検資格者者の立ち会いを求め、工事中は起動装置を停止する等の万全な安全対策をお願いいたします。

また、参考に不活性ガス消火設備の操作方法と、誤って起動させた場合の緊急停止方法を掲載していますので、ご確認をお願いいたします。

 

「不活性ガス(二酸化炭素)消火設備の事故防止について(札幌市消防局予防部長依頼文)

 

参考資料