2019年9月6日
「ラグビーワールドカップ2019」開催に伴う施設の防火管理について

カテゴリー: お知らせ

札幌市消防局予防部長から「ラグビーワールドカップ2019」開催に伴う施設の防火管理に徹底について周知依頼の文書がありました。 令和元年9月20日(金)から開催される「ラグビーワールドカップ2019」では、国内外から多数の観光客が訪れることが見込まれてることから、施設内の消防用設備等の維持管理状況、避難経路及び自衛消防組織の活動内容等を再確認していただき、各ビルやテナントにおける防火管理体制について万全を期されますようお願い致します。   依頼文 別添参考資料  

2019年8月28日
防火管理セミナーを開催しました!

カテゴリー: お知らせ

令和元年8月21日(水)、かでる2.7で「防火管理セミナー」を開催しました。   今回は、日本赤十字北海道看護大学 看護薬理学領域教授・災害対策センター長の根本 昌宏(ねもと まさひろ)様を講師としてお招きし、「北海道型のいのちを護る災害対策を考える~積雪・寒冷・停電~」と題してご講演いただきました。 講演では、積雪寒冷地に必要な災害対応の手法などを実践にもとづき、その失敗例を交えながら、わかりやすく説明していただきました。   自立できる家庭内防災・地域防災を進めるため、平時の今だからこそできる備えを事業所やご家庭で実践しましょう。   ※会員専用ページでは当日の配布資料を公開しています。    

2019年8月19日
火の用心だより(第54号)について

カテゴリー: お知らせ

札幌市消防局予防部長から「火の用心だより」(第54号)の送付がありました。 札幌市では、放火による火災件数は、年々減少傾向にありますが、過去10年で見ると火災原因の1位となっております。 放火火災は、いつどこで遭遇するかわかりません。 今一度、身近に潜む放火火災に注意しましょう。   「火の用心だより」第54号(令和元年8月)      

2019年8月9日
令和元年度救命講習会を実施しました!

カテゴリー: お知らせ

令和元年度7月1日(月)から8月7日(水)まで、市内5カ所の会場で、計11回の救命講習会を実施しました。 今年も、札幌危険物安全協会と合同で開催し、約660名が参加しました。 特に「子どもコース」と「高齢者コース」は大変活気のある講習となりました。   講習会では、公益財団法人札幌市防災協会から講師をお招きし、普通応急手当講習、子どもコース、高齢者コースに分け、気道の異物除去法、心肺蘇生法、またAEDの使用方法などについて習得しました。   ひとつでも多くの命を救いましょう!   また、今年度受講できずお断りした事業所の皆様大変申し訳ございませんでした。 来年度の受講お待ちしております。      

2019年8月2日
心肺蘇生法訓練セット貸し出しスタート!

カテゴリー: お知らせ

応急手当の訓練として、心肺蘇生人形と訓練用AEDを貸し出しします。付属するスキルガイドにより、適切な胸骨圧迫及び人工呼吸ができているかを確認でき、応急手当をわかりやすくまとめたDVD教材も併せて貸し出しします。   借用する場合は、「会員専用ページ・貸し出し」のページにお問い合わせから予約入力していただき、事務局までご連絡お願いいたします。   是非、貴事業所でご活用いただきますようお願いいたします。      

2019年7月31日
2020 消防ダイアリーの予約販売について(ご案内)

カテゴリー: お知らせ

公益財団法人札幌市防災協会から、「2020年 消防ダイアリーの予約販売」について案内がありました。 購入希望の方は、申込書に必要事項を記載し、公益財団法人札幌市防災協会までFAX又は郵送にてお申込みください。 なお、札幌防火管理者協会で配布等は行いませんのでご注意ください。 予約購入の締め切りは令和元年度8月23日(金)までとなっております。   申込書はこちらです。 消防ダイアリー申込書(PDF)  

2019年7月17日
清子の部屋(第1回)

カテゴリー: お知らせ

皆さん、こんにちは。 札幌防火管理者協会 事務職員の松居清子(まついきよこ)です。   今年度に入り、皆さんのお役に立てるような情報を「清子の部屋」と題し、随時発信したいと思いますので、よろしくお願いします。   第1回目は、「スプレー缶について」です。   昨年12月16日に豊平区の飲食店で、スプレー缶による大規模な爆発火災があったことは、皆さんご存知かと思います。 また、先日6日に大阪府で、スプレー缶のガス抜き作業中に爆発が起き、2名が死亡、2名が意識不明の重体であるというニュースがありました。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190708/k10011986661000.html   札幌市では、平成29年7月から、一般家庭のスプレー缶・カセットボンベのごみ出しルールが変わり、穴をあけなくてもよいことになりました。 一般家庭の「スプレー缶・カセットボンベ」ごみ出しルール(札幌市)   また、中身の使いきれないスプレー缶・カセットボンベは、各清掃事務所や消防署(出張所)などで無料で回収しています。 「スプレー缶・カセットボンベ」の引き取り事業所一覧   事業所ごみで穴あけが必要な場合は、以下のチラシを確認してください。 スプレー缶・カセットボンベに穴をあける場合は、必ず風通しが良い火気のない屋外で行ってくださいね。 日本エアゾール協会の広報チラシ   追伸 これから気温が高くなりますので、熱中症には気をつけましょう。 室内にいてもこまめな水分補給を!

2019年7月16日
火の用心だより(第53号)について

カテゴリー: お知らせ

札幌市消防局予防部長から「火の用心だより」(第53号)の送付がありました。 平成31年中の火災発生件数(6月30日現在)は、216件で前年同月と比較すると11件減少しています。 また、火災による死者は7人で、昨年同日の23人と比べて16人少なくなっていますが、引き続き各事業所において火災防止対策の実践に取り組みましょう。   「火の用心だより」第53号(令和元年7月)      

2019年7月8日
中央消防署からのお知らせ

カテゴリー: お知らせ

札幌市消防局中央消防署長から、中央区で発生した火災に伴う注意喚起の依頼がありました。 中央消防署長通知   先日7月4日に、中央区の複合用途ビルで電気を原因とする火災が発生しました。 当該ビルの防災センター職員により、初期消火・通報・避難誘導がスムーズに行われたことで、幸いにも負傷者などは発生しましせんでした。   皆様の事業所においても、今一度、火災予防の徹底をお願いします。   札幌市中央消防署からのお知らせ(電気火災にご注意ください!)    

2019年7月1日
「火の用心だより」臨時号について

カテゴリー: お知らせ

札幌市消防局予防部長から「火の用心だより」臨時号の送付がありました。 市内において、消防局職員を名乗る者から、不審な電話があったとの問合せが、消防局に3件相次いで寄せられています。 更なる被害を出さないために、各事業所の従業員と市民の皆様への注意喚起にご協力をお願いします。   火の用心だより臨時号