2016年9月20日
移動タンク貯蔵所の一斉点検の一環として、「安全装置機能点検」及び「定期点検記録表作成サポート」を実施しました。

平成28年度事業計画に基づき、平成28年9月8日(木)、9日(金)に札幌ドーム南側駐車場及び札幌競馬場西駐車場にて、「安全装置機能点検」及び「定期点検記録表作成サポート」を実施しました。

 

「給油取扱所」及び「燃料販売・供給施設」の会員事業所に案内を送付し、17事業所から25台の移動タンク貯蔵所が参加しました。

 

8日の札幌ドーム会場では、移動タンク貯蔵所の運転手(危険物取扱者)が定期点検を行い、白石消防署予防課職員から機器の名称と構造、取付け位置等を細かく丁寧に説明いただきました。

 

通常、定期点検は専門業者に依頼して行うことが多いため、来場した会員は改めて移動タンク貯蔵所のそれぞれの名称と点検方法を確認していました。

 

9日の札幌競馬場会場では、当日雨が降るなか、来場した会員が自ら安全装置を取外し、機能点検を受けました。雨のため、定期点検記録表作成サポートが実施できなく、会員の皆様もとても残念そうでした。

札幌ドーム会場での点検状況

ホースを全て延ばして確認しました

札幌競馬場会場での点検状況

小雨の降るなか、多くの移動タンク貯蔵所が集まりました

 

※平成28年9月15日発行の北海道石油新聞に記事が掲載されました。

(株式会社北海道石油新聞社提供)