2017年2月20日
平成28年中における危険物施設等の事故発生状況を踏まえた事故防止対策の推進について

カテゴリー: お知らせ

札幌市消防局予防部長から「平成28年中における危険物施設等の事故発生状況を踏まえた事故防止対策の推進について」依頼がありました。 札幌市における平成28年中の危険物施設で発生した事故は39件で、火災事故が1件発生し、破損事故が4件減少したものの、流出事故が11件増加したことにより、平成27年中と比べて8件増加しています。 危険物施設で発生した事故のうち、給油取扱所で発生した事故が24件と最も多く、全体の約61%を占めています。 給油取扱所で発生した事故は、そのほとんどが人的要因によるものであることから、給油取扱所の関係者はもちろんのこと、利用者である市民に対しても、あらゆる機会を捉えて事故防止の啓発を行っていく必要があります。 また、少量危険物施設等で発生した事故も、取りまとめられています。 つきましては、当市の事故状況をご確認いただきまして、会員皆様の事業所におかれましては、より一層の保安の確保に努められますよう、よろしくお願いいたします。 札幌市消防局予防部長からの依頼文、事故発生状況については、次のとおりです。 札幌市消防局予防部長通知(PDF)   平成28年中における危険物施設の事故発生状況について   平成28年中における少量危険物施設等の事故発生状況について

2017年2月13日
「火の用心だより」(第24号)について

カテゴリー: お知らせ

札幌市消防局予防部長から「火の用心だより」(第24号)の送付がありました。 札幌市における平成28年中の放火件数は72件であり、前年の92件から20件減少しました。 本年も昨年同様、放火火災を防ぐために、地域における放火されない環境づくりについて、事業所ぐるみでの実践や取組みをお願いいたします。 なお、平成29年1月中の出火原因第1位は「こんろ」でした。 調理中にその場を離れたり、火を消したと思いそのまま放置したりと、「ついうっかり」の火災が多く発生しておりますので、火の取扱いには、十分ご注意ください。 予防部長通知 「火の用心だより」第24号(平成29年2月号)

2017年2月3日
危険物の適正な保管管理に関する協力について

カテゴリー: お知らせ

一般社団法人北海道危険物安全協会連合会(以下「北危連」という。)会長から、給油取扱所等における危険物の適正な保管管理に関する協力について、依頼がありました。 北危連会長あてに北海道警察本部生活安全部長から依頼文書の送付があり、平成29年2月19日から開催されます「第8回アジア冬季競技大会」に伴い、危険物を悪用した不測の事態の発生も懸念されることから、危険物の適正な保管管理に注意していただきたい旨の依頼です。 つきましては、各事業所の保安管理の徹底を改めてご確認いただくとともに、下記事項について、従業員の皆様に注意喚起を図っていただきますよう、ご協力をお願いいたします。 記 1  消防危険物の盗難・紛失について (1) 給油取扱所等の設備の点検確認 (2) 消防危険物の運搬に伴う転落転倒防止措置等の技術基準の遵守 2  ポリタンク等の消防法に適合しない容器によるガソリンの販売の禁止 3  危険物の盗難・紛失等の発生、不審な大量購入、不審者(物、車両)の発見及び不審電話の受理時における警察への即報 4  販売先に対する上記事項についての指導