2020年2月28日
令和元年中の市内危険物施設の事故発生状況について

カテゴリー: お知らせ

札幌市消防局から令和元年中の危険物施設等の事故発生状況について通知がありました。   令和元年中に市内の危険物施設で発生した事故は33件で、流出事故が19件、破損事故が13件、運搬時の事故が1件発生しております。 運搬時の事故を除くと、前年比9件の減少となっております。 流出事故19件の内訳は、顧客や従業員などの操作確認不十分による人的要因のものが6件、施設の腐食・経年劣化による物的要因のものが13件となっており、危険物施設の関係者はもちろんのこと、利用者に対しても、事故防止の啓発を行っていく必要があります。 会員事業所の皆様におかれましても、施設の事故防止の徹底と保安の確保に努められるとともに、利用者への事故防止の啓発を行っていただきますよう、お願いいたします。   危険物施設の事故発生状況 少量危険物施設等の事故発生状況