2020年12月21日
火の用心だより(第70号)について

札幌市消防局予防部長から「火の用心だより」(第70号)の送付がありました。

 

住宅用火災警報器の設置が義務化され12年が経ちます。今年の調査で約9割のご家庭で設置していただいてますが、正しく設置されている割合は、64%となっております。

師走に入り、今年も残りわずかとなり年末に向けて、大掃除をされる事業所やご家庭が多いと思います。

大掃除を機会に、住宅用火災警報器を点検し、よい年を迎えましょう。

 

「火の用心だより」第70号(令和2年12月号)